2008年06月30日

三回目の教委交渉

教委交渉.jpg

教育委員会那須学務課長に
スクールバスについて要請する
「みんなの願いサークル」の
みなさん




 これまでの運動が実って市立養護学校のスクールバスが一台増車となります。
そのバスが夏休み明けから小国方面への送迎に当たることになりましたが、予想より全体のバス利用者が増え、要請した小国地域内のターミナルまで来れないというようなことが交渉の中で明らかになりました。来年も利用者が増える方向なのでまた増車が必要となるとのことです。高等科の希望者も多くなると予想されます抜本的な養護教育の充実が今もとめられています。
 この運動は、合併したのに、旧市内の子供たちのところはバスが迎えに来るのに周辺のところへはバスが来ず、みんな親が車で送り迎えしているという不公平を正すということで要請が始まり、今回でもう三回目となります。
 義務教育です、市内で一校しかない養護学校市内のどこに住んでいても通学の保障をすることが当然です。中心部から遠い地域はあきらめろということでは合併してた周辺地域に住むことができなくなってしまいます。



posted by 細井良雄 at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

梅雨・・・やっと雨が

おかとら.jpg青い実.jpg







 おか虎の尾の穂が        銀杏の青い実が膨らみ始め
   立ち始めました        ています拡大して見てください

梅雨になってから、やっと今日はまとまった雨が降ってくれました。
日照り気味になっていた山の田はこれで何とか一息つきました。
山の銀杏畑では葉の陰で銀杏の実が少しずつ大きくなっています。今年は昨年みたいに鈴なりになっていません。不作の年なのでしょうか?
あっという間に六月も終わろうとしています。
今日は、村おこしのことで八王子の人から相談を受け久しぶりに山奥の八王子集落まで出かけてきました。
 山の荒れた田を復旧して、都市の人との交流で活性化にして行きたいという話でした。復旧を手掛けている山の田や畑、そして会員制で泊まることができるようにする民家を見させていただきました、成功するように手っだって行きたいと思います。
posted by 細井良雄 at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

岩室にて祝賀会に参加

鏡開き.jpg宣伝.jpg小国の参加者.jpg

小国を代表し高橋実先生が   ホテルでの祝賀会では地元  小国からの参加者です
鏡割りに参加しました。      のPRグッツが紹介されました  
 このところ、書き込みができなくてすみませんでした。

議会中なのに25.26.27日と連続して夜の会議が続きパソコンに向かっている暇がない状況が続いてしまいました。

本会議は,急な変更で27日の午前に開かれました。このことでいろいろな日程が玉突きのように変更されてしまいました。

 さて、27日にはかねてから予定していた、旧岩室村石瀬での天神山城址本丸跡記念碑の除幕式に招待され小国の方々と参加しました。

 本会議終了後、車を飛ばしてぎりぎり式典に間に合うことができました。森市長もお祝いに駆けつけました。

 天神山城は小国氏が長年守ってきた城で、その全容がめづらしくしっかり残った城跡です。来年のNHK大河ドラマ「天・地・人」の直江兼続の弟である小国実頼(後の大国実頼)が上杉家の会津お国替えになる前まで城主となっていた城です。

 岩室の人たち、特に地元石瀬地域や岩室温泉の方々が熱心にこの城の宣伝に取り組んでいます。このホームページでも何回かご紹介しましたのでそこもぜひ見てください。

 この日は、大国一族の子孫の方々も大勢参加されお祝いをしました。

小国からは、歴史ロマン語る会や小国文化フォーラムの人々が参加しお祝いと交流をいしました。

posted by 細井良雄 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

委員会審議


6月 203.jpg
6月 198.jpg 左 やまぶきしょうま


 右 六角ずみ(うすの木)

 いずれも初夏の山
 を彩る草花です





 二十三日から、委員会審議が始まりました。私の所属する文教福祉委員会では対決するような議案はありませんでしたが。請願の「後期高齢者医療制度の中止・撤回を求める請願」が地域の多くの署名や要望を受けてきた長岡社会保障推進協議会から出され、各会派への強い働きかけがあり、昨年の12月議会とは変わった展開を見せています。
 国民の多くの批判の中、参議院では廃止法案が議決となり、自公勢力が多数を占める衆議院でも廃案とはできず゛継続審議となっています。
 長岡市議会でも、国が決めたから仕方がない、では国民の批判に耐えられないと、自民党系会派や公明党も見直しを国に要請する態度に変更、社民や民主系議員は廃止を求める12月議会での請願に反対したが、これも骨格を含む抜本的な改善が必要と言う立場です。無所属の議員は二名がこの請願に賛成するという大きな変化も出てきました。
 最終日を待たないと結果はわかりませんが、長岡市議会として国に物申すという意見書が上がる方向になってきました。
 そこへ、突然の森市長の中国出張で最終本会議に欠席と言う話が入り、各派がいろいろな意見を出して今協議中です。
 それにしても中国地震関連の国際会議への招待と講演依頼が来たとのこと、もっと早めの対応ができなかったものか・・・

 
posted by 細井良雄 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

初夏の花三つ揃い

三品種.jpg
初夏を代表する三品種

 コシジシモツケ草  赤
 ガクアジサイ     青
 キオン         黄

が集落の通称 松山の崖に
一緒に咲いています



 先日、上越市議の橋爪さんがひょっこりと我が家に顔お出しました。
奥さんの実家のお父さんの見舞いに柏崎に来たついでに、選挙の応援のお礼に立ち寄ってくれたのだそうです。
 立ち話ですがいろいろと話をしました。その中でこの時期に咲く「キオン」という黄色い花を写真に撮りたいと探していたら「小国に入ったらいっぱい咲いてた」と話してくれました。きおんと言う名の花は、私はまだ知らなかったので後で図鑑をみてみたら見たことのある花でした。
村のはづれの日当たりのよい松山と言うところがあり、崖地なのですが、そこにはいっぱい咲いていました。
橋爪さんは植物にもなかなか詳しい。私もカメラを持つようになってから少しずつ勉強しています。
posted by 細井良雄 at 09:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々の想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

渋海川

水揚場.jpg土手.jpg上流.jpg  







 水揚場の付近           下流の瀬           上流、小さい頃泳いだ堰がある

 国道沿いの私の事務所のすぐ前には渋海川が流れている。
水揚場のところに鯉や大ナマズがいると言うので覗いてみたが見えなかった。
しかし、久しぶりに川にきて水かとてもきれいになっているのに驚いた。
 入って見て水が冷たいのにびっくりした。以前は川底の石が水あかでつるつるしていたのだが、汚い水あかもほとんどなくなっていて、きれいなものだ。
石を裏返して見ると川虫もちゃんといるし、川が昔よりきれいになっている。うれしい。
 昔はこの辺の瀬で、毛バリで流し釣りをするときれな「じんけん」ヤマメが釣れたきっと戻ってきていると思う、アユが釣れたという噂もある。「かじか」がいないか少し探してみたが見えなかった。
暇ができたらつりざおを持ってまた来てみたい。 
posted by 細井良雄 at 01:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

"本尊かけたか" ほととぎす

6月 213.jpg6月 192.jpg

 左 庭の「がえるぱ」に
    見慣れない蝶が

 右 不如帰が鳴くころ
    の小国の谷


 山の田に、水見に行ったらホトトギス(不如帰)が鳴いている。
 私は、小さな時に「本尊かけたか」と鳴いている鳥はホトトギスだと父親に教えてもらった。学校では「特許許可局」と鳴いているのだと言う人もいた。
 しかし、母親からは数え唄かなにかで「鳴いて血を吐くホトトギス」という様な歌を聞かせてもらった事がある。このイメージが強くて「本尊かけたか」と鳴いているというように覚えていた。
 ホトトギスの鳴き声を聞くとこのことが思い出される。何回も何回も切なそうな声で鳴くホトトギスの声は他の鳥とちょっと違う・・・・・・・
 今日は朝から市役所の関係課と連絡を取りながら委員会審議の打ち合わせを進めた。
  生活相談日でもあるので、国道沿いの事務所に詰めていたが午前と午後にそれぞれ当番の人が来てくれたので議会準備を進めることができた。
 生活相談は二件ほどあったがいずれも電話で済むことと、後で会って詰めることになった。 



posted by 細井良雄 at 18:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々の想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

一般質問がおわりました。

 一般質問が終えてホッとしている。どうもこの頃、気持ちと体とうまくマッチングしてないと言うか調子が出ない、もっとテキパキかたずけて来た仕事がなかなかはかどらない、ストレスがたまっているのかも知らない。
 今回の質問では「日本人の主食であるコメが、江戸時代のコメ相場のように一年で大きく上がったり下がったりしていていいのか」とコメの価格安定、農家の生産費を保証する生産価者価格の設定を強く国に求めるよう質問しました。
  長岡市議会では、超党派の農業問題研究会がたちあがることになり、農業を実際にやっている議員でまずは出発することになりました。
農業にとってとても大事な節目の年を迎えているので長岡市の農業について腹を割った論議をして行きたいと思います。 
 週明けからは、委員会審議が始まるので週末にはその準備を進めることになります。
 
posted by 細井良雄 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

六月議会始まる

6月 169.jpg6月 168.jpg

 左 コシジシモツケ草が
   独特の花をつけました。

 右 中干しに入った山の田
   平場に比べ株が小さい



 昨日から、長岡市議会の六月議会が始まりました。常任委員会の選任は一年ごとになるのでその改選がありました。私たち日本共産党の議員団は、引き続き同じ委員会で頑張るこことします、私は文教福祉常任委員会です。
 初日の昨日は、これらの手続きのほか予算案の上程があり、一般質問が開始されました。
 一般質問の通告者は15名で五人つづ三日間でやることになり、初日には共産党の笠井議員と諸橋議員が質問に立ちました。私は、地域課題をやりたいと準備していたのですが、調整がつかず次回に送ることとして、三日目に「農業問題」と「市営住宅問題」をやることになります。いつものことながら質問原稿作りでいつも夜遅くまでかかってしまいます。
 「諏訪さまの清水のところでは、蛍が出ているよ」と隣のおばあちゃんから聞きました。そういえば庭のホタルブクロが白い花を咲かせています。





posted by 細井良雄 at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

米百俵デー

群像.jpgアフガニスタン.jpgホンジョラス.jpg







会場前の庭に立つ米百俵    森市長より米百俵賞が駿渓  米百俵特別賞を贈られれた
の群像                トロぺカイさんに贈られた   ホンジョラス国立演劇学校

 第12回米百俵デーである今日、リリックホールで本年の授賞式が行われ招待されて参加しました。
本年の米百俵賞は、アフガニスタンで女性のための識字教育、職業訓練などを進めている「希望の学校」を主宰している駿渓トロぺカイさんに贈られました。
 アフガンではソ連侵攻から内戦そして9.11テロの報復としてアメリカによるタリバン掃討の空爆などの戦乱の日が23年も続いています。いまなを自爆テロなどで多くの人々が犠牲になっています。
       発表.jpg       




体験を発表する駿渓さん       


 戦乱で、社会や住まいは壊され生活はすたずたになり、多くの人々が非常に困難な生活を強いられています。特に、夫を戦争で奪われ、幼い子を育てなければなら ない戦争未亡人が困窮していました。
駿渓さんは、女性に識字力をつけ仕事を習い自活し子供を養える力をつけようと奮闘してきました。
 
これまでに460人を超える女性がこの学校で学び社会へ出て活躍しています。
 「武器はいらないアフガンの女性たちに教育と仕事を」と訴えていました。











posted by 細井良雄 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

第2回しぶみ工房ふれあい祭り

合唱.jpgよさこい.jpgもちつき.jpg 








みんな大きな声でありこさん  通所者と職員によるよさこ  もちつきにはボランティアの皆 
と歌いました。           いソーラン踊りを披露    さんが、小国支所長も杵をとって

 しぶみ工房へありこさんの車を先導していたときです。ありこさんの車が止まりついてきません。車を降りて行ってみると「地震警報が出た」と言います東北地方に六強だと伝えたそうです。しばらく止まっていましたが揺れも小さく安心しました。
宮城・岩手では大変な事態になっていたのです。小国の後援会の若手が恒例の旅行で「常磐ハワイアンセンター」に出かけるところでしたので、あとで聞いてみたら福島は大丈夫なので予定通り出発したとのことでした。被災された皆様にはお見舞い申し上げます。
 さて、今日はしぶみ工房ふれあい祭り ありこさんと歌おうの行事から始まり地域や関係団体の方々が大勢の方が来ていただきました。
うたごえでは前に出て一緒に歌った人や、飛び入りで尺八を披露した地域の人もおられ懐かしい唱歌などもたくさんリクエストされました。
 この日のために毎日練習してきたよさこいでは四月にひまわりの家(女性のグループホーム)に入った若い娘さんもみんなと一生懸命踊っていました。
 よさこいや、もちつきは工房前の広場で行いましたが300人近い方々が詰めかけてくれました。関係者のみなさん本当にご苦労様、大成功おめでとうございました。
posted by 細井良雄 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

"神谷ありこ"さんと歌おう

磯野2.jpgありこさんと.jpgありこさん.jpg







親子でありこさんと歌いました。 神谷ありこさん   知子とありこさんと千夏ちゃん

 今夜は、磯野さんの家で「願いサークルの親子」が「ありこさんと歌おう」という集いを開きました。
 「神谷ありこ」さんは、歌声喫茶「ともしび」長野店で二十年近くも歌唱指導や伴奏をやっていた方です。名古屋生まれだそうですが長野の大学の頃から歌声の活動をやってきて、卒業とともに旦那さんになった人と「長野ともしび」で頑張ってきた人です。「長野ともしび」の店はやっていませんが「歌声の出前」を多くの仲間たちといまやっているのです。
 三、四年前て゛したか、小国でうたごえ活動をやていた人たちのクリスマスパーティで歌ってもらったことがあり、初めてお会いしました。その素敵な声と伴奏、そして歌唱指導が゛とってもうまかったのです。
 しぶみ工房の家族会の役員で「しぶみ工房ふれあい祭り」をもっと盛り上げるために家族会も何か協力しょうということで、ありこさんを呼んで一緒に歌うこととしました。
 ありこさんは長野に住んでいるので、ふれあい祭りに出るには、前の日に小国に泊まってもらわなければなりません。そこでひらめきました。「磯野さんがリーダーとして進めている「みんなの願いサークル」の障害を持つ子供たちに生のうたごえを愉しんでもらおう」ともちかけたらOKとなり磯野さんの家に泊めてもらうこととなりました。 聞いてみたら磯野ご夫妻はありこさんの大学の先輩になるのだそうです。
  音楽、うたごえの力は大したものです。十名以上の子供たちが親と一緒に参加しましが、とっても楽しそうにリズムに合わせ体をゆすります。眼はきらきらさせ笑顔で歌います。最後のほうでは「涙そうそう」や「上を向いて歩こう」も楽しそうに曲にのっています。アンコールでは「千の風にのって」も歌いました。
 学校や、施設を回って公演しているだけに、子供さんを引きつけて一緒に歌う素晴らしい技術と気持ちを持った人です。
 
posted by 細井良雄 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

都わすれに...毛虫が

バラ.jpg都わすれ.jpg
毛虫.jpg





露空にピンクの  鮮やかな紫の都わすれ     今年は毛虫が多い
バラの花が

 降りそうでいてなかなか雨が降らない空だけは梅雨の晴れ間のような日々が続きます。
渡辺さんの庭のバラが本当にきれいなピンクの花をつけています。家の花壇では「都わすれ」が紫の可憐な花をつけました。
  ところがそのそばでは、藤の新芽や葉を毛虫が来て食べつくし棒のようになってしまいました。雨が少ないので今年は毛虫の発生が多いようです。都わすれはキク科なので虫はあまりつかないとおもいますが・・・
田んぼでは、早い人は溝切りの作業に入っています。中干しもそろそろ始ります。しっかり中干しをしないと倒伏しやすい柔らかな稲になってしまいます。
私も議会が始まる前の仕事になります。

posted by 細井良雄 at 22:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々の想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

金子先生20年間本当にありがとうございました

祝う会.jpg

 金子先生の小国の医療の発展ための二十年のご奮闘に感謝するために集まった方々です。

 昨夜は、小国診療所で身を粉にして二十年間頑張っていただいた金子先生に感謝する会が懐かしいメンバーが勢ぞろいして行われました。
 この会は、相波地域自治委員長と村山支所長そして私の三人が個人的に呼びかけ人になり金子先生の長年の献身的な活動に感謝する会を呼びかけたのです。本当はもっと大きな会場で先生にお世話になった住民が誰でも参加できるものにしたかったのですが、「勤務医として当たり前のことをやっただけだからなるべく質素にしてほしい」との金子先生の申し出により、地域医療の発展のため先生と一緒に頑張ってきたごく身近な人々の集まりとなりました。
 この診療所や地域医療のことは行政も議会も一緒にやってきましたから、牧野、大橋元町長をはじめ歴代の議会議長さん歴代の助役、収入役、教育長さん、また診療所事務長さんがほとんど参加されましたまた一緒に頑張っていただいている山本先生や歯科の野口先生からも出席をいただき、「小国診療所応援団の同窓会」のようになりました。
 会では、当時日赤病院の循環器部長の要職にあった金子先生に小国診療所赴任をお願いした牧野元町長の当時のいきさつを紹介した挨拶や、入院棟ができ年中無休のハード勤務の時に、二人目の医師となった山本先生の赴任を進めた大橋町長の話など、多くの方々がこの二十年を振り返り小国の医療の発展とその先頭に立って頑張ってこられた金子先生の業績を讃え、感謝の言葉を述べました。
 参加者の感謝の心を表した贈り物は、「小国和紙の色紙」に地元の書家により「仁」の一文字を書いたものでした。
 贈呈した相波地域自治委員長は「医は仁術と言うが、金子先生にこそ最もふさわしい言葉、全参加者の心からの感謝をこめてこの言葉を送ります」と述べました。

 答礼に立った金子先生は初めて大雪の小国に足を踏み入れた時のことなどその時々の思いでを語ったのち「小国の人はみんなもいい人です。町長さんも、議員さんも、そして医療スタッフも、役場の皆さんもみんな私を信頼して助けてくれた。住民からは心から感謝されて、私も頑張られたとても気持ちのいい20年だった。ありがとうと私も言いたい」と話されました。
 金子先生のこと、それを迎えた小国のことをもっと皆さんに知ってもらいたいので、ちょっと長くなりますが 呼びかけ人を代表しての私の開会のごあいさつを掲載します。ぜひ読んでください。




 本日は、「金子先生の赴任二十周年を祝う会」を計画させていただきましたところ。ご多用の中、多くの諸先輩の皆様、そして小国地域の医療・福祉の前進のために金子先生とともにご苦労をいただいている皆様のご出席をいただき、本当にありがとうございました。
 昭和六十三年七月に、金子先生は上小国診療所に赴任されました。それから今年の七月で二十年が経とうとしております。
 金子先生は豪雪・過疎の町で「命と健康を守る地域医療」を訴えその先頭に立って頑張ってこられました。この二十年間のご奮闘はとても一言では表せるようなものではありません。小国の住民は心から感謝しているところであります。二十年間本当にご苦労様でした。そしてありがとうございました。
 平成二年には、小国診療所・医療センターの開所、平成五年には診療所に隣接して特養小越の里が建設され、先生が願っていた医療・保健・福祉が一体として実施される体制が出来上がりました。平成七年には、在宅介護支援センターも整備され、平成十一年には十九床の入院棟もできました。
 しかしこのころに、なりますと金子先生一人ではとても手が足らない事態となり過酷な勤務が先生にはのしかかっていました。
しかし、平成十三年に、たいへんご高名な山本先生から着任いただきまして、念願の複数医師体制が実現できたのです。医師不足で大変な県下においては、他に類のない地域医療の体制が出来上がりました。小国の住民は本当に幸せ者だと考えております。先生が進めてきた地域医療の町ぐるみの早期発見・早期治療の運動の効果は、大きく実績となって現れました。お年寄りが多い地域にも関わらず、医療費は他の地域に比べ、大きく削減されました。これによって小国町の当時、国保料の値下げが数回にわたり実施されるなど注目の結果が出ております。
 しかし、何よりも、地域の皆さんが安心してこの地に住み続けることのできる医療を作っていただいたことはこの地域の誇りともなっております。本当にありがとうございました。
さて、この会の計画は、昨年春頃から呼びかけ人の三人で相談してまいりました。地域医療に貢献されている横田先生が開業から五十年を迎えたことから、ご一緒にお祝いをと考えておりました。横田先生は「私は叙勲もしていただきました。私はもういいですので、金子先生には本当に私も感謝しております。ぜひ金子先生の祝としてやっていただきたい」とのことでした。
 金子先生の「派手にしないでほしいとの」申し出もあり本日のこのような企画となりましたことを御承知いただきたいと思います。 本日は、牧野元町長さん、そして大橋元町長さんをはじめ当時の小国町のメンバーが一堂に会した、めったにない機会となりました。金子先生の二十年間のご奮闘に感謝し、今後の小国の地域医療がますます発展するよう、大いに語り合っていただきたいとおもいます。ありがとうございました。







posted by 細井良雄 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

道普請

ひび割れ.jpg 卵塊.jpg








中越沖地震のひび割れ もりあおがえるの卵塊があります

 昨日は、年に一回の村の「道普請」でした。田植えの終わった田畑への農道や水路などの草刈りを主に村人が全戸からでて作業します。
 今年も、昨年と同じく村の一番奥にある鳥屋城下の農道の草刈りでした。昨年もこの時期にこの農道の終点にある堤(灌漑用のため池)に天然記念物のモリアオガエルの生息地で卵塊が見られました。
 今年はどうかと楽しみにしていました。それが昨年より何倍も多くの卵塊が池の上の木に産みつけられているではありませんか。
 昨年と同じメンバーでの作業だったのでみんなで喜び合いました。
この池の上は大きな杉やぶと天然林が広く広がっています。モリアオガエルに気に入られて多くの家族が住みつくことになったのでしょう。
草刈りの後に堤に入ってしっかり水がたまるように、出口となる栓をしっかり締めてきました。




posted by 細井良雄 at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

小国歴史ロマンを語る会

もちひとちらし.bmpロマンの会のチラシ案
 

 6日には、「小国歴史ロマン語る会」が開催された、今回から長年会長を務められた北原さんが勇退し、新しい会長には、元教育委員長を務められた湯本さんが就任されました。湯本さんは森林組合の理事時代からのお付き合い、ヨーロッパ旅行も一緒に行くなど懇意にさせていただいています。気さくで、好奇心が強く勉強家で会長にはふさわしい方です。
 この会で、語る会が全員参加している「もちひと祭り」の歴史部会については私が引き続き担当することに決まりました。
 会では、冒頭から大河ドラマのキャステングの話が盛り上がり、予定されている「もっと知りたい小国実頼シンポジュウム」に実頼役となる小泉孝太郎さんから参加していただけないかなどの話となりました。
 また,小国城のポイントを延命時が原に建てた記念碑の付近とすることに一致しました。
会が作成した歴史漫画が売れていることが事務局より報告され、子供たちにも熱心に読まれ「小国町にこんな歴史があったことにびっくりした」などの報告が寄せられています。


















posted by 細井良雄 at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

小国自治委員会

ホタルブクロ.jpg地域委員会分科会.jpg
左 プランターの中で
  青いホタルブクロが
  咲きました

右 自治委員会第一分科会
  では福祉総合センターに
  ついて論議されました

 今日は、午後から今年二回目になる小国地域自治委員会が開催され傍聴に寄せていただきました。
 会議では、小栗山集落から出された、旧簡易水道の水源で今は使われてないものを集落の中まで引いて広場や池洗い場を作り新しい地域のコミニケーションの場にしょうという計画がコミニティ事業として承認されました。事業説明として参加した小栗山集落の総代は合併まで日本共産党の議員として活躍していた今井賢市さんです今年の春からまた集落総代に選ばれたのです。井戸端会議を復活させ集落の楽しい話し合いの場を作るのだと張り切っていました。
 会議は、その後二つの分科会に分かれて論議をしました。
第一分科会では昨年に引き続き合併のリーデング事業とされていた総合福祉センターを論議します。地域に必要な施設ですしっかりと議論をしていただきたいと思います。
 プランターの中では青いホタルブクロが咲きました。あたりのホタルブクロはまだつぼみが固い感じです。
posted by 細井良雄 at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

小国実頼役は小泉孝太郎に決定

実頼1.bmp実頼2.BMP実頼3.BMP








小国実頼(与七)    上杉景勝の命で小国氏へ    平安時代から連なる
             婿養子に入る顛末        小国氏の家系図

 来年のNHK大河ドラマ「天地人」の配役が昨日発表になりました。
主人公である「直江兼続」の弟である小国ゆかりの小国実頼(後に大国実頼)は小泉孝太郎さんが演じるとのサプライズなキャステングの発表がありました。
 ちょうど小国支所にいた時でした、村山支所長が今発表があったと教えてくれました。「ぜひ小国に来てもらいたい、みんなで歓迎したい」と早速「歴史ロマンの会」が作成した歴史漫画を小泉さんに送ると張り切っていました。
 写真は、小国歴史ロマンを語る会が作成した漫画「小国氏伝説」から小国実頼の部分と小国氏の系図をを載せました。拡大してみてください。
 小国実頼は六日町坂戸城の上杉家に仕えた樋口家に生まれ兄の与六が後に直江家に入る直江兼続、弟の与七は小国氏へ入り小国実頼となります。
天地人では小説の冒頭この兄弟が川中島を臨む妻女山に登る場面から始まります。
 実頼はその後、兄兼続とともに上杉家の重臣として活躍、新発田攻めや村上の城主になったりして、会津への国替えでは南山城主となります。
実頼は聚楽第の完成祝に上杉家の名代として豊臣秀吉に謁見し官位を受けます。その折に小国を大国と改名します。関ヶ原ののち徳川家と対立する兄の態度に賛成できず、高野山に逃れるなど兄とは違う道を歩こうとしたらしいことがいろいろな史実からわかります。
 当時小国氏は、拠点を岩室の天神山城に移しており、岩室でも今回の大河ドラマに大きな期待をし、いろいろな行事を計画しています。
 


posted by 細井良雄 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

妙高市議会視察

妙高市議会1.jpg妙高市議会2.jpg
 議長の歓迎のあいさつ      新しい議会本会議場

 2日には、議会活性化委員会の審議の参考にと、四月に新庁舎が完成した妙高市の議会を議員団で視察してきました。
妙高市は妙高高原町と妙高村が新井市に編入合併した市ですが新井市とせず妙高市としました。人口は3万7千人で議会定数は23人です。
日本共産党の議員は3名で霜鳥議員が議長や議会事務局の人と対応いただきました。
 合併を機に約29億を投じて建てられた新庁舎は、地下1階地上6階建てのシンプルで機能的、環境にも配慮した庁舎でした。
議会は五階に配置されていましたが質素で椅子や机の備品の新しかった妙高村の物をほとんど利用して経費の節減を図っています。
通信や音響システムは一元管理で機能的になっており、イヤホンなと゜も装備されており大変聞きやすいシステムになっていました。
 六月議会から初めて使用するのだそうですが一般質問の方式は一門一答方式でやるとしています。




posted by 細井良雄 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

消防演習と初夏の集い

消防3.jpg消防1.jpg消防2.jpg






 動作の細かい点が審査     ポンプをセット、ホースを繋  放水訓練で実際に放水
                     ぐまでのタイムを測定     

 昨日の午前は地域の消防団の春季消防演習でした。各集落に八人編成で消防団が組織されており消防ポンプがあります。春の演習では、全団員が集合し
訓練が行われ、消防ポンプの操作技術を競う協議会も行われます。
各チーム四名でこの時期が近づくと、朝早くや夜ライトを照らしての練習が各集落で進められてきました。みんな仕事を持ちながらの練習ですから大変です。
 今年も下村集落のチームが連続優勝し市の大会に小国地域の代表として参加します。体に気を付けて頑張ってください。

出店.jpg竹島.jpg






小国地域の出店        壇上で声援を受ける竹島ほか

 午後からは、竹島県議当選へと続けてきた集いを今年は「初夏の集い」として開きました。
関係地区から六百人を超える人たちが集まり、演説や歌、踊りを楽しみました。小国からも新婦人グループが頑張って出店を出し和紙などがよく売れました。
 比例候補の山口さんはあいさつに立って激動する情勢の中で日本共産党がいま注目を浴びていることを報告し、世直しのために躍進しようと呼びかけました。
posted by 細井良雄 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。