2008年07月29日

梅雨災害

7.27水害.jpg水利組合.jpg
左 河床がえぐれて水が
  貯められなくなった堰

右 護岸が崩れ用水の取
   り入れ口が壊れた






 27日には小国の上地域では大雨となり苔の島集落の大切な用水の取り入れ口が壊れてしまいました。地元の用水組合から連絡があり現場に見てきました。
 これから出穂の時期を迎え水が一番いる時期です。支所の担当者に応急復旧で穂水の確保を要請しました。
 この水路は約10町歩の水田を潤すもので応急修理の後には本格的な改修工事が必要です。
 ところが、これが災害復旧工事の適用にならないとのことです。
小国町公民館に設置してあるアメダスでは降雨量がゼロなのです。そこから10キロ以上離れている苔の島で豪雨であっても記録がなく時間20mlの降雨の場合に適用となる災害の証明がないのです。
最近の雨は局所的、ゲリラ的で少し離れたところが天気でも隣が豪雨と言うことがあります。神戸の水害もそのいい例です。災害が適用にならないと関係者の負担が高くなり大変です。


posted by 細井良雄 at 12:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。