2008年09月21日

暮らし文化の祭典

小国市.jpg紙すき体験.jpg 








小国地域のテント群        紙すき体験は大賑わい

 長岡暮らし文化の祭典ということで、厚生会館前の広場で合併した旧市町村の暮らしや文化名産を使用会する祭りが開かれました。
 21日は小国・与板・寺泊の三地域が参加しました。小国は小国和紙漉き体験
与板は打ち刃物づくり体験、寺泊は浜焼きなどそれぞれの特徴を出した出店がされていました。
 そのほか、小国からは八石なすや銀杏加工品、味噌などの業者が出店そして
森林組合が山野草を展示販売しました。合併しても故郷の町の良いところが生かされることが大切です。



posted by 細井良雄 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。