2008年12月01日

師走

南天.jpgおっこう.jpg
左 雪のたまった軒下の南天

右 小林さんのおっこう





 ひと雪降るとやはり寒さが厳しくなる。12月の声を聞くと心なしか寒さが増したように思えるこの頃です。
 写真の南天は高橋さんの軒端のもの、雪が降るとその赤さが際立って見えます。
この辺ではおっこうと言いますが、イチイの木です。小林さんが旧屋敷跡にいっぱい植えてそだてています。小林さんは植木の名人で庭を作った人たちに安く分けてやっています。本当は形が良いと百万もするのがあるそうです。何せこの大きさにするまで何十年もかかるのです。


posted by 細井良雄 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。