2009年02月07日

法末での懇談会

愛宕荘.JPG法末校庭.JPG
 画面に見入る参加者

 猿R彦荘の前にはの雪
  積雪は60センチほど




 私は法末での集会をいつも楽しみにしています。役場職員時代からこの集落の取り組みにいろいろかかわってきたからです。なんといってもここに暮らす人たちのゆったりとした人生観に惹かれます。
 小国でも一番山奥の雪深い地域です。私の名刺に書いてある言葉はあの地震の被害の中、懸命に父祖の地である法末に帰って生きようとしてきた皆さんを見て考えた言葉「懸命に生きる人々を支え励ます政治を」です。
 今日も限界集落特有のお年より世帯の悩みが出されました。「百姓をやって年老いた夫婦は、年金もわずかしかありません。お互いに健康なときはいいがどちらかが病になったとき、介護施設に入ろうとしても順番まちですぐは入れません。入れるとしても月十万を越える負担はとても無理です。何とか近くで安くて、老いて病気がちになっても暮らされる対応がほしい、いまさら都会の子供のところで暮らすのは無理です。何とか考えてほしい」こんな声が出されました。
明日はグリーンツーリズムのひとつ「雪ホリデー」で中学生か゛雪掘り体験に訪れるとのことで山彦荘の前では雪集めが集落の若手で進められています。


posted by 細井良雄 at 21:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 日々の想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご苦労様です。福島さんとにいがた自治研の「森光担い手生産組合」の3月号「地域の産業巡り」で取材に行きます。細井議員の若干の時間でいいですが、動向願いたいのです。11時から12時まで、3月2日から6日までのいずれかの日に時間とってください。私が福島さんを連れて細井宅までいきます。返事よろしくお願いします。
Posted by 高橋剛 at 2009年02月11日 16:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。