2009年02月20日

臨時議会で補正予算採決

 今回議会にかけられたのは「定額給付金を中心とした国の第二次補正に対応する補正予算」と「利用が大きく増えた中小企業向けの景気対策の貸付金に対応する専決予算」です。
  地方の自治体では、国が予算を決め支出してくる予算を受け実施するために補正を組まざるを得ません。地方としていろいろな制度変更や裁量ができるものであればそのよしあしを検討することになりますが、定額給付金のように国の指示にしたがって実施せざるを得ないのが今回の予算です。それをしないと受け取ることができる市民にこれが実施できなくなります。
 国の施策としてはもっと違った景気対策につかうべきと国では反対の態度をとりましたが地方の議会では意見を付して賛成の態度をとりました。


posted by 細井良雄 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。