2009年10月13日

柏戸と両国

画像 626.jpgjpg上岩田.jpg写真.jpg 








 柏戸が寄贈した灯篭        柏戸や 両国の資料

 上岩田に残る柏戸の生家

 地元小国町で長らく消防団長を務めた若井さんは、相撲の研究家と
としても有名な方である。
 若井さんから「小国出身の七代目柏戸、と関脇 両国をぜひもっと
皆さんに分かるよう紹介してほしい」と相談があった。
小国出身の力士て゛あることは知っていたが、長岡でもあまり例のな
い活躍をした力士であることを教えていただいた。
 相撲協会の理事長まで務めた柏戸の生家や寄贈をした灯篭など
が上岩田集落に残っている。
また幕末に長岡藩の力士として河合継ノ助にとりたてられ活躍してた
両国の話は村芝居の脚本にもなった。
 若井さんは地域が輩出した有名力士を「できるだけ後世に伝える手
立てをしてゆきたい」という。なんとかしたいものだ
posted by 細井良雄 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の想い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。